2010年 03月 08日

「東国原知事、カタカナ語控えて」県議が迫る(読売新聞)

 カタカナ語は控えて――。

 宮崎県議会一般質問で1日、東国原知事に対して、あいさつや議会答弁を分かりやすい言葉で話すよう、議員が迫る一幕があった。

 高橋透議員(社民党)は、知事が答弁でポテンシャル(潜在能力)やニート(若年無業者)、モチベーション(動機付け)などを使ったことを例に挙げ、「いかがなものか」と尋ねた。

 知事は「一般に伝わると思えば、カタカナ語を使う。できるだけ県民に考えが伝わるよう、分かりやすいワード(言葉)を使いたい」と、冗談を交えて応じた。

 一般質問後、知事は「日本語に直すと、平易になり過ぎたり、分かりづらくなったりする弊害もある。子どもから大人まで分かりやすい言葉を使いたい」と語った。

「安全への努力」WHO認証=児童殺傷事件の池田小、国内初−大阪(時事通信)
沈む港町 三陸の打撃深刻 養殖施設が破損や流出(河北新報)
娘とhideさんに届け「骨髄移植に理解を」 両親がチャリティーライブ企画(産経新聞)
公金800万円プール 大阪・高槻市交通部 余剰金でマッサージチェア(産経新聞)
広島県の福祉医療費審査支払事務を受託―支払基金(医療介護CBニュース)
[PR]

by vl9dozi0tx | 2010-03-08 10:26


<< 半数が最大波前に帰宅=第1波到...      兵庫の死亡園児、「揺さぶられ」... >>