2010年 02月 06日

鳩山首相「検察は公正に判断」 幹事長続投も明言(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は4日夜、民主党の小沢一郎幹事長の不起訴処分を受け、「検察は公正な立場からこのような判断をしたと受け止めている」と述べた。その上で「いま党の人事を云々(うんぬん)する状況ではない」と述べ、小沢氏に幹事長を続投させる考えを表明した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 衆院議員の石川知裕被告の起訴については「党代表の立場から考えれば、現職議員の起訴は遺憾だ。国民のみなままにお詫びしなければならない」と陳謝。「今回の処分で事件は終結か」と問われると「そこは分からない」と答えた。

【関連記事】
小沢氏不起訴 “次の舞台”は検察審査会 申し立て検討し起訴も
鳩山首相、小沢氏の監督責任「よく分からない」
野党3党に渦巻く落胆と怒り 「政治責任」をなお追及へ
小沢氏を「嫌疑不十分」で不起訴に 刑事責任追及は困難と判断
石川議員ら3人を政治資金規正法違反で起訴

【あすの「新報道2001」】(産経新聞)
和辻哲郎文化賞に今橋、互の2氏(時事通信)
新成人を子供扱い? 選挙啓発DVDがネットで話題に(産経新聞)
<水俣病>救済方針案の年齢制限に反対 未認定患者団体(毎日新聞)
雪の影響で19人負傷=転倒相次ぐ−東京(時事通信)
[PR]

by vl9dozi0tx | 2010-02-06 09:29


<< 小沢幹事長、続投の見通し(読売新聞)      「政治とカネ」、第2ラウンドへ... >>