2010年 04月 02日

国交省職員、わいせつ行為 兵庫県警、容疑で逮捕(産経新聞)

 18歳未満の少女と知りながらわいせつな行為をしたとして、兵庫県警神戸西署は31日、青少年愛護条例違反容疑で、国土交通省中国地方整備局山口河川国土事務所係長、高松英典容疑者(32)=山口県周南市上村=を逮捕した。同署によると、容疑を一部否認しているという。

 逮捕容疑は昨年12月25日午後2時10分ごろ、兵庫県三木市大村の駐車場に止めていた車内で、出会い系サイトで知り合った神戸市西区内の中学2年の女子生徒(13)にわいせつな行為をしたとしている。

姫路の工事現場で爆発、1人生き埋め?けが人も(読売新聞)
築地市場移転で都譲歩、民主は予算案賛成へ(読売新聞)
<阿久根市長>賃金不払い容疑で元係長の弁護士が告発(毎日新聞)
三田女性殺害事件でおいを窃盗容疑で逮捕、兵庫県警(産経新聞)
<訃報>大木英夫さん66歳=「新宿そだち」の歌手(毎日新聞)
[PR]

# by vl9dozi0tx | 2010-04-02 21:58
2010年 03月 31日

役員から国会議員一掃=国保中央会(時事通信)

 国民健康保険中央会は24日の定期総会で、会長に岡崎誠也高知市長を選任した。任期は4月1日から2年間。現会長には鈴木俊一前自民党衆院議員が現職時に就任したが、政権交代を受け、今後は役員を国会議員から選ばないことを決定。副会長を務める西川京子前衆院議員と溝手顕正参院議員も3月末の任期満了とともに退任となり、自民党国会議員らは一掃される。
 また、従来は常勤役員の一部に国家公務員出身者を受け入れていたが、採用の透明化を図るとして、厚生労働省OBらを含む新たな常勤役員5人はすべて公募で選んだ。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
国会論戦、緊張感欠く=閣僚の遅刻や答弁拒否も
自民支援見送りを正式決定=参院比例代表
農政連、自民支持見送り=参院選は自主投票

トキ、290キロ離れた福井に=放鳥以来最も遠く−環境省(時事通信)
国家公安委員長、議員宿舎キーを女性に貸与報道(読売新聞)
シュワブ陸上案に反対=名護市長(時事通信)
女性駅員に下半身露出 東京消防庁副士長を逮捕(産経新聞)
足利事件無罪、捜査幹部「使命果たせず無念」(読売新聞)
[PR]

# by vl9dozi0tx | 2010-03-31 11:56
2010年 03月 29日

橋下知事「統一選で大阪府議会の定数削減問う」(読売新聞)

 来春の統一地方選に向けて4月に地域政党「大阪維新の会」を旗揚げする大阪府の橋下徹知事は23日、府庁で報道陣に、府議会の定数(112)について、「削減を統一選で問いたい」と述べ、府議選の争点にする考えを明らかにした。

 府議会の定数は来春の統一地方選から3減が決まっているが、さらなる大幅減を目指す。関係者によると、人口10万人あたり議員1人を基準にすると、府は定数88となり、この数字を軸に検討するという。

幹部公務員83人が退職勧奨に応じる 鳩山政権発足後今月12日までに(産経新聞)
「駆け込み人事」防げ、省庁幹部人事を凍結(読売新聞)
和歌山で震度3(時事通信)
アウトドア大手の顧客情報流出=中国から不正アクセスか−大阪(時事通信)
「分析・新薬価制度」(中)―小野俊介氏(東大大学院薬学系研究科医薬品評価科学講座准教授)(医療介護CBニュース)
[PR]

# by vl9dozi0tx | 2010-03-29 11:29
2010年 03月 26日

興正寺・雲龍図、江戸前期の狩野探幽作と発表(読売新聞)

 真宗興正派本山の興正寺(京都市)は19日、同寺に伝わる雲龍図(縦1メートル15、横2メートル)の掛け軸が、江戸時代前期の絵師・狩野探幽(たんゆう)(1602〜74)の作品であると発表した。

 三井記念美術館(東京)が鑑定したところ、落款が同館の所蔵する探幽の印鑑と一致した。同寺の依頼で1671年に描かれたものという。

22年度予算が参院本会議で可決成立(産経新聞)
新幹線レール、東京─鹿児島つながる…来春開通へ(読売新聞)
スニーカーの穴から携帯カメラで盗撮、会社員逮捕(産経新聞)
死体遺棄容疑、新たに男2人逮捕 茨城県警(産経新聞)
新幹線レール、東京─鹿児島つながる…来春開通へ(読売新聞)
[PR]

# by vl9dozi0tx | 2010-03-26 23:12
2010年 03月 25日

<センバツ>向陽…伝統の左腕擁した古豪 OB前に堂々復活(毎日新聞)

 第82回センバツ大会第2日の22日、45年ぶりの勝利を挙げた向陽(和歌山)。戦前の旧制海草中学時代には伝説の左腕・嶋清一投手(故人)らを擁して夏の甲子園を連覇した強豪だったが、校名変更などの影響で海草OBと向陽OBとの間には溝があった。それを埋める現役選手の活躍にスタンドのOBたちは感激の表情だった。

 四回、向陽の先制に沸く三塁側アルプス席。海草OBの中山祐昭(さちあき)さん(80)=和歌山市=は「派手さはないがコツコツと。これぞ海草野球」と喜んだ。思い起こすのは、71年前の夏の甲子園準決勝。近くの三塁側席で、嶋投手のピッチングを見て、海草野球部にあこがれた。海草中には進学したが、戦況悪化で高校野球は中断し、嶋投手は45年3月、学徒出陣で戦火に散った。

 戦後、「海草」の名は消えた。学区制の導入で、当時の主力選手は旧制和歌山中を前身とする桐蔭高校に転校した。桐蔭は48年夏の甲子園で準優勝。海草OBは向陽ではなく桐蔭で後輩に指導するようになった。海草OBと向陽OBには次第に距離が生まれ、嶋投手と海草野球部は歴史に埋もれた。

 再び光が当たったのは半世紀後。98年夏の甲子園決勝での横浜(神奈川)の松坂大輔投手(現ボストン・レッドソックス)のノーヒット・ノーランで、嶋投手の記録に関心が集まり、08年野球殿堂入り。刺激を受けた野球部員も懸命に練習に取り組み、21世紀枠で出場を果たした。

 2月、海草中で嶋投手のチームメートだった古角(こすみ)俊郎さん(88)=和歌山県那智勝浦町=が初めて母校で現役部員たちを指導。「70年前から言われていることだが」と断りながら打撃での腰の回転の重要性を説いた。そばで見ていた中山さんは「嶋さんと今の選手たちが海草と向陽の橋渡しをしてくれた」と感じた。

 開幕前、初めて和歌山市内の嶋投手の墓に参ったナイン。粘り強く守り、相手の反撃を1点に抑えた。好投した右腕の藤田達也投手(3年)は「自分が右から投げている時、嶋さんが左から一緒に投げているような気がした」と語る。古角さんは「海草の野球が生きていた。こんな素晴らしい試合をしてくれて、嶋も天国で喜んでいるはず」と笑顔だった。【加藤明子、遠藤孝康】

【関連ニュース】
白球と戦争:海草・向陽野球の原点/上 /和歌山

<人事>防衛省(毎日新聞)
長男の首絞めた母逮捕=意識不明、殺人未遂容疑で−岩手県警(時事通信)
米軍車両、ひき逃げか=軽自動車の2歳男児軽傷−沖縄(時事通信)
神奈川県不正経理、電動自転車・トナーなど購入(読売新聞)
たまゆら 「申し訳ない」理事長、保釈後初めて語る(毎日新聞)
[PR]

# by vl9dozi0tx | 2010-03-25 01:59